曙ブレーキ、新構造の自動車用ディスクブレーキを開発したと発表

曙ブレーキ工業が新構造の自動車用ブレーキキャリパーを開発したと発表した日経新聞)。

素材にアルミを採用し最大30%の軽量化を実現。また、ブレーキパッドの偏摩耗も従来製品の5分の1程度に提言したという。本格的な生産は2019年からになるようだ。

すべて読む | 交通 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
京都市バスの運転手、ブレーキ時に異音が鳴る車両の運転停止を求め京都市を提訴 2016年09月26日
曙ブレーキが摩擦を使わないブレーキを開発、実用化目指す 2016年08月12日

この元記事はスラド


 ホームtransport