【ニュース】 FRONTEO、特許調査・分析システムをデータ暗号化に対応
 FRONTEOは、特許調査・分析システム「KIBIT Patent Explorer」にデータ暗号化サービスを追加した。調査の際、自社の特許関連データを暗号化することで、解析作業時の機密性を高められる。  本システムでは、見つけたい文書(発明提案書、無効化したい特許資料など)の内容を“教師データ”として人工知能「KIBIT」に学ばせることで、少量の教師データを基に膨大なデータを解析でき、スコアリング(点数付け)による文書の仕分けを短時間で行えるようになる。  今回追加されたデータ暗号化サービスは、例えば特許の申請時に実施する出願前調査などで、類似性の高いものを特許データベースから探す際に…>>続きを読む