【ニュース】 ISP、製造業向け外観検査ソフトウェアで開発キットを発売
 システム計画研究所(ISP)は、製造業向け外観検査ソフトウェア「gLupe(ジー・ルーペ)」で、開発キットを発売した。  本ソフトウェアは、深層学習を応用することで、数十枚の正常データのみから正常状態の特徴を学習し、不良品を検出することができる。大量の異常データの収集と学習が不要で、製造ラインへの導入コストを抑えられる。  今回発売された開発キットは、学習や評価を手軽に行える「学習・評価用アプリケーション」と、学習結果を用いたソフトウェア開発のための「推論ソフトウェア開発用SDK」で構成されている。前者で効率的に学習・評価作業を行い、後者で運用に合わせた自由なシステム開発を行うことが可能…>>続きを読む

この元記事はアイティメディア キーマンズネット新着記事 RSS FEED


 ホーム基幹系システム