仕事ができない人の特徴!仕事ができる人とできない人の決定的違い

1:仕事ができないのは本人も辛い…悩みすぎてしまう場合も

(1)仕事ができる人と仕事ができない人を英語で言うと?

仕事は効率的であったり、生産性が高いことが評価されます。

そのため、

「He/She is very efficient.」

「He/She is quite productive.」

なんて言葉で、仕事ができる人を表現することができます。

逆に仕事ができない人は、その仕事に必要なスキルやバックグラウンドがないという意味から

「He/She is not qualified for the job.」

「He/She is not capable.」

と言われたりします。

(2)仕事ができない人がやるべきこと

新入社員として同期入社したはずなのに、1年後には大きな差がついてしまっていた……なんてこともよくあるものです。

スタートラインは同じだったはずなのになぜ?と考えれば考えるほど憂鬱になってしまう。だからといって、どう頑張ったらいいのかよくわからない。

そんな思考の堂々巡りが続くと、悩みすぎてしまって本来出せるはずのパフォーマンスすら出せなくなってしまうこともあるものです。

仕事ができない理由を探り、自分に合った解決方法を見つけることで、このような状況を打破することができるようになります。

 

 

2:仕事ができる人の特徴と習慣5つ

(1)面倒なことを後回しにしない

「やれって言ってもいつまでたってもやってない。そのうち、その仕事を丸ごと忘れてしまっているような部下は信用できないし、仕事を任せられない」(金融Mさん 40代)

面倒なことは誰だってやりたくありません。でも、「どうせやらなければならないのなら、早めにやってしまおう」というのが、仕事ができる人のマインドセットです。

これは一朝一夕に身につくものではなく、「強い意志」と「そうすることでのメリット」をしっかり理解することが大切です。

面倒な仕事である場合は、周りのみんなもわかっています。そんな仕事に対する姿勢は、多くの人の目にさらされていると考えていいでしょう。

(2)人が見ていないところで努力できる

「とにかく、結果を出しまくっている同僚のTさん。平日、朝5時出勤なのは知ってたけど、休日まで5時に来ていると知って“すごすぎる”と思った。朝早く来ることで、誰よりも早く重要な情報を集めると、仕事に活かすことができるのだそう」(金融Mさん 30代)

こういう人、金融機関には時々いるものです。海外マーケットの動きや、その日発表される重要な経済指標への投資家の期待度などを細かくチェック。その日の株価の動きに備えるのです。

彼らは誰のためでもなく、自分のために最大限努力をする方法を知っていると言えるでしょう。

(3)ある意味で「仕事は仕事」と割り切っている

「すごい仕事に一生懸命な先輩女性Yさん。

仕事はできるし、周囲の評価も高いし、本人もすごく頑張ってる。でも一度大きなミスをしたとき、上司やクライアントに一通り丁寧に謝り、事後処理をしたあと、何もなかったかのようにケロッとしていた。

聞いてみたら、“仕事は仕事。機械じゃないからミスもするし、死ぬわけじゃない”と言っていてビックリした」(事務職Kさん 30代)

ミスをすると、ついいつまでもうじうじ悩んだり、周りの人に申し訳なさそうにしてしまいがち。

でも、あくまで仕事は仕事。自分自身の問題としてとらえすぎると、壊れてしまいます。

自分で責任をもって仕事をしているわけですから、精一杯やるのは当然。でも、多少のミスは避けられないのも人間というものです。

ミスをしたり怒られたりしたからといって、「自分が否定された」とまで感じる必要はありません。必要な要素だけ大切に吸収し、あとは忘れてしまうことが肝心です。

(4)コツコツ続けることのパワーを熟知している

「仕事に限らず、どんなことも数年たてば大体の人がやめている。諦めずに続けることの力は計り知れない」(ヨガインストラクターYさん 30代)

誰もが熱狂した流行りの遊びやファッションも、数年たてばほとんどの人が別のことに夢中になっているものです。

専門性を身につけられる人とそうでない人の大きな違いは、1つのことに長く打ち込めるかどうか。色々なことに手を出したり、すぐに目移りしてしまったりするような人は、いつまでたってもすべてにおいて半人前。

1つのことにコミットするのは、モチベーションを維持する意味でも大変なこと。それを続けられるというのは、仕事ができる人の特徴でもあります。

(5)コミュニケーションを疎かにしない

「仕事の多くはコミュニケーションで成り立っている。専門性のある仕事であってもそれは同じ。聞かないと何も言わなかったり、自分1人で仕事が完結していると思っていると、うまくいかなくなる人が多い」(コンサルタントHさん 30代)

コミュニケーションが苦手だからといって、仕事でもコミュニケーションを避けてしまう人がいます。ミスをしたのに、きちんと報告もせずに放置してしまうと、大きな問題に発展してしまうこともあるのです。

どんな仕事であっても、コミュニケーションの大切さは肝に銘じておきましょう。

 

3:仕事ができない男への対応は?仕事ができない人の特徴とイライラ対処法3つ

(1)すぐ人のせいにする

「後輩の男の子が、何かあるとすぐ人のせいにする。細かく教えて仕事を任せたのに、ミスを注意したら“え、それは聞いていませんでした”と言われ、もう絶対に一緒に仕事をしたくないと思った」(販売Kさん 30代)

自分がミスをしたのに指示が悪かったような言い方をしたり、誰かのせいにした言い訳をされると、もう一緒に働きたくないと思われてしまいます。

また、このような人には、指示を出す際に他の人にも一緒に聞いていてもらったりして、指示が正しかったことを証明してもらうといいでしょう。

(2)自分の仕事を過大評価する

「全然大したことないのに、自分の仕事がいかに大変だったか、その仕事が重要だったかを語る同僚がいた。みんなやってることだよ……」(接客業Yさん 30代)

仕事ができる人は、自分の仕事がいかに素晴らしいかなんて語ったりしません。やたらと自分の仕事を人に評価してもらいたがる人は、誰かに認めてもらいたいという承認欲求が強いのでしょう。

こういう人の言葉は、ただ聞き流してあげるようにしましょう。

(3)人の手柄を自分のものにする

「かつての先輩。自分が仕事できないから、後輩の手柄をまるで自分がサポートしたからできたかのように言いたがる。本当に嫌いだった」(コンサルタントUさん 30代)

上司に結構いるのがこのタイプ。人の仕事を自分の手柄のように言うなんて本当に嫌になりますよね。

でも仕事って、他の人のサポートなしには成り立たないのも事実です。ここで

「あなたは何もしてないじゃん!」

と言ってしまうのは得策ではありません。

見ている人は見てくれているものと信じ、

「はい、○○さんも△△の部分でお手伝いしてくださいましたね。ありがとうございます!」

などとポジティブに、でも手伝ってくれた部分はあくまで限定されているということを伝えてみましょう。

 

4:仕事ができない人の生き方とは?「仕事ができないこと」を悩む女性のエピソード3つ

(1)つい優しい男性に甘えて…

「仕事ができないので、部署をたらい回しにされていた頃。居心地も悪いし辛くて、優しくしてくれる男性といつもそういう仲に……。当然相手は結婚していて一時的な関係だった」(専業主婦Mさん 30代)

仕事ができないと職場で居場所を失ってしまいがちです。そんな心の隙間につけ込む悪い男もいるものです。

苦しくても自分の手で、自分ができることを見つけなければなりません。

(2)自分は仕事ができると思って転職したが…

「前の会社では評価されつつも好きな部署に異動できず、出世も遅かった。だから“会社を変えてやる!”と転職したものの、転職後は超優秀な人ばかりと働くことになり、自分が落ちこぼれだと気づかされた」(コンサルティングMさん 30代)

仕事がうまくいかないのは会社のせいだと思ってしまう人は多いものです。でも仕事ができる人は、どんな場所でもその能力を発揮できるもの。

場所のせいにせず、そこでできることをまず探し、一生懸命取り組んでみることが大切です。

(3)言いたいことを言ってしまうのが仇に

「誰も思っていることを言わない社風なので、はっきり言った方がいいと思っていつも言いたいことを言っていたんだけど、そうしたら、いつの間にか“あの人仕事できない”と言われるようになっていた」(事務Hさん 40代)

仕事ができないというのは、コミュニケーションが下手であることも、当然含まれます。

全体の空気を読みながら仕事をするのが、いつも正しいというわけではありませんが、仕事がうまくいく環境を自分で作ることも仕事を進める上では大事なこと。

まずは、自分ができることを最大限高めましょう。物申すのはそれからでも遅くはありません。

 

5:諦めずに自分に合った仕事や働き方を探し続けよう!

「仕事ができない」と言われるのは、つらいものです。でも仕事をしていくのなら、自分なりに考えながら試行錯誤し、働いていくしかありません。

仕事を与えられた場合にすぐに行動せず、わからなければ人に聞くのもいいでしょう。また、悩みを相談できる人が社内にいるのは心強いもの。

自分のスキルだけでなく、社内の人間関係は、「仕事ができる人」になるうえで大切にすべきものなのです。

この元記事はMenjoy! メンジョイ


 ホームSEO2 コミュニケーション ニュース 人間関係 仕事