仮想通貨相場急落、価格操作やサイバー攻撃などが原因
あるAnonymous Coward曰く、

今月11日のビットコイン価格は1ビットコインあたり6781.19ドルとなり、年初の価格から約半分という水準になったという(Bloomberg日経新聞BloombergコインレールSlashdot)。

ビットコインの先物取引において価格操作が行われている疑いがあり、それによって「ビットコイン売り」が進んだと見られている。日本ではビットコインのレバレッジ取引が盛んで、相場の急落による証拠金不足でビットコインを売らざるを得なくなった個人投資家も少なくないようだ。さらに仮想通貨交換所への新たな攻撃発覚など、悪材料が次々と出ているという。

すべて読む | ITセクション | IT | お金 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
ビットコインゴールド(BTG)で51%攻撃が行われる。約20億円の損失が発生 2018年06月04日
GPUのマイニング需要が一段落 2018年04月03日
ビットコインの価格、一時は昨年の最高価格の3分の1にまで下落 2018年02月09日
ビットコイン、バブルと言われながらも価格は19,000ドルを突破 2017年12月20日

この元記事はスラド


 ホームmoney