ダークウェブで空港システムのアクセス情報が10ドルで販売される
あるAnonymous Coward曰く、

空港のシステムに接続するための情報がダークウェブ上で10ドルで販売されていたとMcAfeeが伝えている

発見されたのは、ネットワーク経由でコンピュータのデスクトップに接続するプロトコル「RDP(Remote Desktop Protocol)」の接続情報。これを利用することで、空港システム内のコンピュータを外部から操作できるという。そのほか、ビルオートメーションシステムや監視カメラ、交通管制システムなどにアクセスするための情報も販売されていたそうだ(Engadget JapaneseAXIOSSlashdot)。

すべて読む | セキュリティセクション | セキュリティ | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
ロンドン・ヒースロー空港のセキュリティに関する機密文書入りUSBメモリー、道に落ちているのが見つかる 2017年11月03日
Torなどの匿名化技術を使って構築された「ダークウェブ」上のホスティングサービスがハックされデータ流出 2017年02月16日
ロシアのハッカーら、リモートから米イリノイの水道施設を破壊 2011年11月25日

この元記事はスラド


 ホームsecurity