織田信長に仕えた黒人侍「弥助」が世界で脚光 ハリウッド映画化も

 今夏、仏ルモンド紙など欧州メディアが相次いで「黒人のサムライ」を記事に取り上げた。彼の名は「弥助」という。イエズス会のアレッサンドロ・ヴァリニャーノが来日して織田信長に謁見した際、奴隷として連れていたアフリカ出身の人物で、信長に気に入られ武士になった。昨年、弥助の伝記実写映画がハリウッドで企画されたことで、改めて世界各地で注目を集めているのだ。

◆日本のアニメやゲームからじわじわ人気に
 海外での弥助ブームは、彼を描いた日本の漫画などを通して数年前から始まっていた。例えば、2007年に漫画『アフロサムライ』(岡崎能士著)がアニメ化されると、アメリカでは先行放送。声優を務めたサミュエル・L・ジャクソン主演で実写映画化も持ち上がっている。徳川家康に仕えた三浦按針ことウィリアム・アダムスが主人公のゲーム『仁王』(2017年)でも、「ヤスケ」が欧米での認知度を押し上げた。

 欧州の場合、南蛮貿易や遣欧使節などの歴史から信長を知る人も多く、地理的にアフリカ人に注目が集まりやすい。フランスでは2013年に出版された小説『Oda Nobunaga』(シャルル=ピエール・スラン著)からも弥助が知られていたようだ。そんななか、弥助を描く映画『ブラック・サムライ(仮)』の制作が発表された。黒人のアクションヒーローと「サムライ」という異質な文化の取り合わせが受け、彼の素顔に迫ろうとの動きが広まったのである。

 アフリカ関係の話題を扱うメディア『Face2Face Africa』は、現時点でわかっている弥助の実像を伝えている。ルイス・フロイスがイエズス会年報に残した「十人力の剛腕」、「信長に私宅と腰刀を与えられた」(『信長公記』)など、史料にもとづいて弥助を紹介した。初めて対面したときの信長が、驚きのあまり肌に墨を塗っていると思い込み、体を洗わせた話など、日本でよく知られる逸話もまとめており、弥助の伝記に関心が集まっていることがわかる。

◆弥助の実像と文化的多様性を描く『ブラック・サムライ』
 ニュースメディア『Konbini』によると、映画は、『ソーシャル・ネットワーク』『アメリカン・ヒストリーX』などを手がけたプロデューサー、マイケル・デ・ルカと、『ハイランダー 悪魔の戦士』(以下『ハイランダー』)の脚本家グレゴリー・ワイデンというヒットメーカーが組み、主演は未定だという。弥助の出身地は諸説あるが、記事にあるワイデンのコメントによると、エチオピア出身になりそうだ。

 ウェブ誌『Deadline Hollywood』は、ワイデンの『ハイランダー』に注目して映画の作風を探る。『ハイランダー』は、弥助が生きた時代と同じ16世紀がひとつの舞台であり、戦士たちが活躍する。ファンタスティックな設定もあるが、アクションが見せ場であり、文化のアイデンティティを描いていることなど『ブラック・サムライ』との共通点も目立つ。また、奴隷出身の弥助が武士になる過程で抱く「暴力」への葛藤も、物語の鍵として引き出している。

◆『ブラックパンサー』を意識? 「本能寺の変」の描写は?
 『ブラック・サムライ』と弥助が脚光を浴びる背景には、世界中でヒットした『ブラックパンサー』の影響もあるだろう。アフリカ出身の主人公が華麗なアクションを見せ、差別と向き合うという特徴が重なるからだ。

 『Konbini』では弥助の伝記物語のひとつとして、漫画シリーズ『ヤスケ:サムライの誕生』も紹介し、無視されてきた英雄を描きたい、との製作者の意図を伝えた。同作の弥助は、奴隷時代のトラウマに苦しみながら武士として成長し、ロールモデルとして児童に誇りを与えるような人物らしい。重いテーマとアクションの爽快感、温かな人間ドラマなど、やはり『ブラックパンサー』に通ずる思想が感じられる。

 弥助は信長の最晩年に仕えたことから、日本の娯楽作品では、信長が横死した「本能寺の変」で奮戦する姿がしばしば描かれてきた。『イエズス会日本年報』には、弥助が明智光秀の軍勢と戦ったのちに消息を絶ったことが書かれている。本能寺前後の弥助については諸説あり、『ブラック・サムライ』でどう描かれるのか、気になる人も多いだろう。2020年のNHK大河ドラマの主人公は明智光秀だ。公開時期が重なれば日本でも「弥助ブーム」が起きるかもしれない。

この元記事はNewSphere


 ホームCulture