芹沢銈介のイラストレーション

芹沢銈介はイラストレーションの名手でもあります。もともと優れた画才があった芹沢ですが、デザインを学び、20代後半から染色を手掛けたことで、表現の幅が広がり、独自のスタイルを築いていきました。その成果は、雑誌や単行本の小間絵、連載小説の挿絵…

続きは「Jタウンネット」へ

この元記事はJタウンネット


 ホームミュージアム情報