選挙候補者を狙った自爆テロ、128人死亡 パキスタン
パキスタン南部バルチスタン州で13日、今月行われる総選挙の候補者の車列を狙った自爆テロがあり、州政府高官によると、少なくも128人が死亡、200人以上が負傷した。 同高官によると、州議会での議席獲得を目指して選挙活動していた候補者や付近にいた人々がこの爆発で死亡した。現場は州都クエッタに近いマストゥングで、パキスタン国内で今年最悪のテロ攻撃となっている。 過激派組織「イラク・シリア・イスラム国...

この元記事は国際ニュース - CNN.co.jp


 ホーム未分類