PayPal、死去したユーザーに死去は規約違反だと通告
PayPalが5月に死去した英国のPayPal Creditユーザーに対し、死去が利用規約に違反すると書面で通告したそうだ(ユーザーの夫のツイートThe Next Webの記事BBC Newsの記事Neowinの記事)。

このユーザー、Lindsay Durdleさんは癌のため5月31日に37歳で死去。夫のHowardさんがPayPalに連絡を取り、死亡証明書の写しなど必要な書類を提出した。ところが3週間ほどたって、PayPalから債務不履行を通知する書面がLindsayさんあてに届く。

書面でPayPalは「あなたが死亡したとの通知を当社が受けたことで、あなたはPayPal Creditの利用規約15.4(c)に違反した状態にある」とし、その結果PayPalはアカウントの解約と利用契約の終了、未払い残高の全額支払いを要求できると述べている。

その後PayPalはHowardさんに謝罪し、再発防止を約束した。原因についてはバグまたは出来の悪いテンプレート、人的ミスのいずれかだと説明しているという。Howardさんは愛する人を失ったばかりの人を傷つけないよう、より多くの組織が感情を理解し、常識的な行動をとるようになることを望むと述べている。

すべて読む | ITセクション | ビジネス | バグ | idle | お金 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
NHK曰く、NHK受信契約は契約者が亡くなっても解約しなければ継続される 2018年06月28日
Facebookでトラブル発生、マーク・ザッカーバーグ氏を含む数多くのユーザーが死者扱いに 2016年11月13日
PayPal、6月25日からクラウドファンディングへの支払いを買い手保護制度の対象外に 2016年05月14日
Facebookで死後のアカウントに関する設定が可能に 2015年02月17日
PayPalアカウントがハッキングされたらどうなる? 2014年07月23日
ヤフー、死んだらデータ削除サービス開始 2014年07月13日
Google、死後にアカウントをどう扱うかを設定する機能を追加 2013年04月12日
Twitterの「亡くなられたユーザーに関するご連絡」機能、ほとんど利用されず 2012年07月22日

この元記事はスラド


 ホームbusiness