作曲家フランシス・レイさん死去 映画音楽で活躍



フランスの作曲家のフランシス・レイさんが亡くなっていたことが、2018年11月7日に報じられた。86歳だった。死因などは明らかにされていない。

1966年に映画「男と女」に作曲した音楽が大ヒット。以後も「白い恋人たち」「愛と哀しみのボレロ」など、数々の映画に楽曲を提供し続け、1970年には「ある愛の詩」でアカデミー作曲賞を受賞した。


この元記事はJ-CASTニュース