ありがとう、ケプラー。その軌跡を振り返る



先月、はるか彼方の惑星系でおよそ2700個もの太陽系外惑星を発見したケプラー宇宙望遠鏡が、燃料切れにより引退したとNASAから発表されました。2009年の打ち上げ時には、NASAいわく「太陽系外の観測用に準備されたものとしては、その当時で最大級のデジタルカメラ」が搭載されていました。当時はまだ、地上の科学者らは太陽系外の惑星についてごくわずかな知識しかありませんでした。

この元記事はギズモード・ジャパン