アフガンで台頭するタリバーン、政府の統治は縮小 米報告書



アフガニスタンの反政府武装勢力タリバーンが、この3年の間に勢力を強めている。米政府の監査機関がこのほどまとめた報告書で明らかにした。 アフガニスタン再建特別監察総監(SIGAR)が米議会に提出した四半期報告書によると、アフガン政府のコントロール下または影響下にある地域は、国土の55.5%にまで縮小し、SIGARが監査を始めた2015年11月以来で最低となった。 「コントロール」はいずれか一方が...

この元記事は国際ニュース - CNN.co.jp