インドネシア機墜落、前日に計器交換もなお不具合の報告



インドネシアのライオン・エアーJT610便(ボーイング737型機)が海上に墜落し、乗客乗員189人全員が死亡した事故について、同機が事故前日、不具合の報告を受けて計器を交換していたことが調査担当者の話で明らかになった。交換後も、別のフライトを終えた操縦士から再度問題が報告されていたという。 インドネシア当局は7日、当該の機体が先月28日に「迎角(AOA)センサー」と呼ばれる装置を交換していたこ...

この元記事は国際ニュース - CNN.co.jp