グーグル、セクハラ関連での方針変更を発表 従業員のスト受け



米グーグルは8日、セクハラ問題に関する社内の対応方針を変更すると発表した。同社をめぐっては、社内で起きるセクハラや差別への対策が不十分だとして、従業員らが世界各地でストライキを展開していた。 変更点の1つには、セクハラを受けたと主張する従業員に対して仲裁を受けることを義務付ける規定の削除が含まれる。 同社のサンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)は、従業員向けの電子メールの中で「今後、セクハ...

この元記事は国際ニュース - CNN.co.jp