ロシアにディストピア小説はない、理由はプーチン政権

 現在の「ディストピア小説」は敵が内側にあるが、1970年代、1980年代に流行したディストピア小説は、第三次大戦やソ連の侵攻によって出現していた。作家で元外務省主任分析官の佐藤優氏と思想史研究者・慶應大学教授の片山杜秀 […]


この元記事はNEWSポストセブン