2016/11/090 Shares

セミの抜け殻取り(夏ですねぇ。)

昨日(日曜日)、自宅の近くの公園で朝からセミががんがん鳴いていました。

8時半ぐらいに一通り、家のことを済まして、「公園に行ってみよう!」といって

虫取り網を持っていきました。

 

確かにセミは鳴いてるし、いるのも目で確認はできるんですが、意外とその位置は

高い・・・。

 

何回かは網をぐっと伸ばせば届きそうだったのでトライしてみるものの、そんなんでは

セミも捕まってはくれません。

 

「無理だねぇ~」と話をしてたらうちの子の興味はセミ本体よりも抜け殻のほうへ。

しかも抜け殻は木の葉っぱをよく見ると、いっぱいくっついている。

 

という訳で、難易度のがっくり落ちたセミの抜け殻取りに方向変換!抜け殻は比較的

低い場所にたくさんあったので、結構取れました。

 

一時間ほどかけて、取れた数は61個。隣のお兄ちゃんは大体夕方に公園に来るので

見せるからとっておく。。。。と。。

そうすると、当然一度家に持って帰らなければなりません。

こんなたくさんの抜け殻を持って帰ったらママさんは卒倒しちゃいます。

全部、網に入れて玄関のエアコンの室外機の裏にそっと置いて一旦帰りました。

 

しばらくして、運の悪いことにママさんが玄関のほうへ、気がつくまいと踏んでいたのに

なんなんでしょう。一種の超能力なのか、バッチリ現場を目撃、案の定、悲鳴が鳴り響きました。

 

さて、夕方にもう一度公園に行くと、程なくよく遊ぶ友達がワラワラ集まってきて、うちの子は

大スター状態。そこからまた取り始めるけれども、朝のうちに結構な数の抜け殻はとって

しまったので、残りは上のほうばかり。

 

そうなると、肩車作戦になるのですが、みんな採りたいから、一個採るたびに降ろして

別の子を肩車して、、、と繰り返し繰り返し。その後もみんなで20個以上はとったと思います。

 

ある子の弟(おそらく幼稚園の年長ぐらいかな)が全部入れた虫取り網を振り回していたので

「それ、大人のところに持って行かないでね。お母さん達は気持ちがるよ」って言ってしまいました。

何気に。。。。。

 

するとそこはやっぱり小さい男の子。いたずら心が全開状態になって、すぐさま公園の片隅で

喋りまくっているお母さんたちのところへ・・・・。

「ヒューン。。。ドドーン!」みたいな感じで叫び声が聞こえてきます。

ごめんなさい。悪気があって扇動したわけじゃないんですぅ。

最後は水道の水遊びの対象になったり、ある子は持ち帰ったり、

当然、うちは一個たりとも持ち帰らずに帰りました。

もうすぐ夏ですね。という休日の一日でした。

 

本日の画像

CIMG6203