太りたいけど太れない方には!~これらをおすすめします!

f:id:w-yakyuuboy:20170705115109j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「太れないには」のご案内です。

太りたいけど太れないといったお悩みの方も、いらっしゃるようで、やせたい人にとっては、うらやましいような悩みです。

生まれつき、やせたタイプの人は見た目にも弱々しく見えますが、高血圧症、糖尿病、狭心症などの病気が少なく、心筋梗塞などによる死亡率も低い、との統計がでているとされています。

このような人は、わざわざ太る必要はありません。

病気が原因で太れない、といった場合には、病気を治すことが先決です。

しかし、病気とはいえないまでも、胃腸が弱くて太れないといった場合には、食生活を見直して、栄養バランスのとれた、消化吸収のよい食事をとると、体力もつき、少しずつ体重も増加するのではないでしょうか。

ここでは滋養強壮や内臓によいといわれる、食べものをご紹介します。

 

 

滋養強壮によい

ヤマノイモ

ヤマノイモは滋養強壮によいとされる食べものです。

しかも消化を助け、下痢を止める効果もあります。

漢方薬では山薬といって、強精強壮剤として使われています。

ヤマノイモやゲンマイなどを使って、お粥をつくって食べると、からだによいといわれています。

また、やまのいも粥は消化に優れており、すくなくとも週に一度食べると、しだいに体力がついて、太れるようになるといわれています。

中国の「神農本草経」(古い医学書)には、

ヤマノイモは、

 

”「脾胃(ひい)の傷(やぶ)を主り(つかさどり)、虚弱を補い、寒熱の邪気を除き、気力を益し、肌肉を丈夫にする」”

 

と記されています。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170705115200j:plain

                                          自然薯

 

栄養的に優れた

ゲンマイ

ゲンマイに豊富に含まれるビタミン、ミネラルは、内臓を丈夫にしてくれるといわれています。

ゲンマイを毎日食べていたら、虚弱体質が治ったといったこともよくききます。

栄養的に優れたゲンマイですが、唯一の欠点といえば、消化がよくないことです。

胃下垂などで胃弱の人には、むかないので控えたほうがいいでしょう。

 

ゲンマイと一緒に用いるおすすめの素材

枸杞子

枸杞子は昔から不老長寿の薬として知られています。

中国の「神農本草経」にも

枸杞子は、

 

”「久しく服すれば筋骨を堅くし、身を軽くし老いず、寒暑に耐える」”

 

と書かれています。

これらのことから枸杞子は、からだを丈夫にしてくれる生薬といえそうです。

 

干貝(干し貝柱)

干した貝柱も、滋養強壮の効果が高い食べものの一つです。

 

鶏肉

鶏肉を食べると、おなかが温まり気力が充実して、精力を強めてくれるといわれています。

病後などの体力回復や太れないときにもよく、食べると胃がもたれる人にも、おすすめの食べものです。

 

以上が「太れないには」でした。

少しでもお役にたてれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この元記事は健康ナビ



 ホーム植物の効果・効能 病気療法 食物の効果・効能