【試合結果・速報】夏の高校野球秋田大会2017!展望や注目校・注目選手など優勝校本命予想

采配

⇒高校野球ランキングはこちら!

 

2017年夏の高校野球秋田大会!

秋田県の夏が今年も始まります!

秋田県出身のプロ野球選手といえば・・・

やっぱり、落合博満さんですよね!三冠王も取ったことでも有名です。

実は落合さんは秋田県の出身です。ボウリングもプロ級で驚くほど上手くプロボウラーになることも考えていたらしいです。

監督としても名監督して中日ドラゴンズの黄金時代を作り上げましたね!

個人的には読売ジャイアンツの監督とかが似合うんじゃないかなぁとか思うんですがどうですかねー。

非常な采配、徹底的なプロ意識。練習の鬼!

もう何というか読売ジャイアンツの監督にぴったりです。

やぱ、生え抜きじゃないとだめなんですかねぇ・・・。

読売ジャイアンツに落合さんがやってきたら絶対にチームを強くしてくれると思うんですけどね。


落合博満の軌跡 映像集Ⅰ

 

まぁ、そんなこんなで

2017年、夏の高校野球秋田県大会!
甲子園出場をかけた熱いあつーい甲子園予選・・・。

どこが優勝するのか非常に楽しみですね!

どこが代表校になるのでしょうか!!わぁー(#^^#)
では本日も始まります。

夏の高校野球秋田県大会スペシャル!


これを読めば・・・
夏の高校野球秋田県大会2017が全て分かる!
観戦するためには知っておきたいたまらなーーーーい情報が盛りだくさん。
そして・・・
夏に向けてどんどんと内容を追加していくのでお楽しみにしてください!
この夏の高校野球2017はみんなで楽しんでいきましょう!

 

夏の高校野球秋田県大会2017の日程

抽選会:6/23

開幕:7/11

決勝戦:7/23

試合会場:こまちスタジアム ほか

こちらになっています。

また2017年、夏の甲子園の日程や各都道府県の地方大会の日程を知りたい方は過去記事にまとめていますのでぜひ読んでいただけたらと思います。

www.shirotama.tokyo

 

夏の高校野球秋田大会2017の優勝候補を本命予想
(管理人の本命予想)

 ボクが夏の高校野球秋田大会2017の優勝校の本命はこの高校だと予想します!

★明桜

 

春の県大会で優勝を飾った明桜を優勝候補に挙げます。

チームの大黒柱はまだ2年生の山口選手です。ピッチャーでもバッターでも才能あふれる二刀流です。投げては140km越えの直球を武器に気迫あふれる投球で相手打線をねじ伏せます。打っては4番として12打数8安打2本塁打の固め打ち。

もう神がかっています。これで2年生だからその可能性に十分期待ができます。

もちろん、3年生たちの実力も十分。春と秋の県大会では好成績を収めますが夏の県大会は中々、優勝をもぎ取れない。

今年こそは春の県大会優勝の勢いに乗って、夏制覇を成し遂げたいところです!

 

夏の高校野球秋田大会2017の注目選手一覧

こちら分かりやすいように表にしてみましたよー(^^)/

画像にもしてみました!

スマホの方はこちらですー(*^_^*)

※随時、更新していくのでお待ち下さいませ

 

夏の高校野球秋田県大会2017の展望

秋田大会は群雄割拠の様子みたいです(*^_^*)

最近、力をつけてきた角館は東北大会に導いた投手陣は主戦投手の3人とも140km越えの速球を武器にするという充実ぶりです。一部ではトリプルエースとも呼ばれています。打線は長打は中々、生まれませんがコツコツと繋いで点を取る打線。接戦での戦いを得意としています。

熊代松陽は小さな巨人こと165cmのエースサウスポー・佐藤選手がテンポ良く小気味良く投球をします。その姿は現・ヤクルトスワローズで活躍する石川雅規投手と姿がかぶります。打線は長打力が有り、得点力が高いです。

昨夏代表の大曲工はエース・藤井選手の出来がカギ!甲子園の経験を活かすことができるかに期待。秋田商業は全体的に選手能力が高くチームワークがまとまっているチーム。金足農は2年生エース・吉田が144kmを記録するなど今大会の台風の目になりそう。秋田大会2017も非常に楽しみです!

 

夏の高校野球秋田県大会2017の速報・結果サイトまとめ

www.asahi.com

 

こちらが朝日新聞と朝日放送の高校野球情報サイトです。

速報・結果に加え様々なニュースも取り上げられています。

ぜひぜひオススメですよ(#^^#)


そして、なんと!

このブログでも2017年、夏の高校野秋田県大会速報・結果をまとめています。

ぜひご参考にしていただけますと幸いです(#^^#)

更新頻度は遅いかもしれないですがよろしくお願いします

 

夏の高校野球秋田県大会2017の速報・結果まとめ

開催までしばらくお待ち下さい。

この元記事は野球好きの読み物



 ホーム高校野球