試合結果・速報・・・大阪桐蔭vs履正社!2017年、夏の大阪大会準決勝!見どころも紹介

ついに始まりますよーーー!!!

プレイボール!本日の13時くらいかな??

2017年、夏の大阪大会準決勝。

大阪桐蔭vs履正社の対決・・・もう甲子園決勝戦ばりに全国のみなさんも大注目しているんじゃないでしょうか???

それくらいすげぇ戦いなんですよー。

 

実はこの両校は・・・、

2017年の春に行われたセンバツ甲子園の優勝校と準優勝校の対決!

もう注目度がハンパないです。

・・・というか、これがある意味、今夏の日本一と日本二を決定する試合なのかもしれない。

それくらい凄い試合だから見応えも充分。

 

オールスター軍団の大阪桐蔭か?

投打に破壊力のある履正社か?

 

・・・どっちが勝つのか超楽しみです。

 

そこで、今回はこのブログでも何とか速報できないかな???と、

試合結果とかを速報していきたいと思います。

ボクの感想と共に。すぐに試合結果が知りたいという方はバーチャル高校野球とか見てねーという感じです^ ^

 

ではでは、

早速、大阪桐蔭と履正社のオーダーからご紹介!


 【大阪桐蔭】

①中堅 藤原

②捕手 福井

③一塁 中川

④左翼 山本

⑤三塁 山田

⑥右翼 根尾

⑦二塁 坂之下

⑧遊撃 泉口

⑨投手 徳山

 

 【履正社】

①右翼 石田

②遊撃 西山

③三塁 安田

④左翼 若林

⑤一塁 浜内

⑥捕手 片山

⑦投手 竹田

⑧中堅 竹村

⑨二塁 溝辺

 

こんな感じです。

では早速、見どころを紹介しましょう!!

まずは大阪桐蔭から!

大阪桐蔭はエース・徳山投手が先発!

球速はMAX145キロです。実は大阪桐蔭には柿木投手や根尾昴選手という140キロ後半を投げるピッチャーもいます。ストレートの速さは徳山投手よりも速い。

けど、徳山投手は監督から絶対的な信頼があります。それが抜群の安定感です。

コントロール抜群で大崩れしないのが持ち味。見てて小気味良いピッチングをします。

ストレートや変化球が甘く入る、高めに浮く、ファアボールで崩れるなど全く皆無。

だから、試合に勝てる投手です。ベンチが計算できる投手ですね。

 

そして、打線は打力、機動力も高いです。

春のセンバツでプレーボールの大ホームランを打った藤原選手が核弾頭として一番に。

クリーンナップの4番山本選手、5番山田選手も共に長打力があります。

そして・・・

6番にはショート、外野、投手をこなす三刀流の根尾選手。

この選手すごいですよー!もうミニ大谷翔平という感じです。

投げては148キロ超え!守備はダイナミックかつ華麗!打てば広角にヒットを連発します。

今、日本全国の高校生の中で一番の野球センスの塊。

その才能は素晴らしいです!

そんなスター選手達がいるのが大阪桐蔭!もうスター軍団。

総合力ではもうすでに日本一だろうと思います。

しかも、凄いのが・・・みんなほとんど二年生。

マジかよ・・・みたいな。

MAJORで出てくる海堂みたいなチームです。

野球漫画で出てくるラスボス的なチームです。

まだまだ二年生主体のこのチーム。

それを来年にかけてリアルタイムで観れる僕たちって何て幸せ者なんだろうか?と思ってしまいます。

ただ弱点があるといえば・・・、

破壊力に欠けるという点かなぁと思いますねー。

履正社や早稲田実業に比べると圧倒的な怪物的存在がまだいない。

根尾選手も総合点ではめちゃくちゃ高いけどまだまだ怪物という域には達してはいないなぁという印象です。

 

では、次はそんな怪物的存在がいる履正社の紹介です。

履正社は看板選手・安田選手を擁する破壊力抜群のチームです。

投手から紹介しますと・・・、

竹田投手、田中投手という二枚看板がいます!

2人とも145キロ越えでノビのあるストレートで抑えていくピッチャー。

小気味良い投球をする大阪桐蔭の徳山投手と比べると2人とも本格的な直球を武器に力で勝負する投手って感じです。

もちろん、それで安定感もあるので2人ともエース級。

竹田投手が打たれても、もう1人のエースである田中投手がマウンドに上がるという完璧な布陣。大量点はなかなか、望めません。

そして・・・打線は3番・安田選手と4番・若林選手を徹底マークすることが重要です。

安田選手は西のナンバーワン最強スラッガーと呼ばれています!

清宮幸太郎選手と並ぶ、もしくはそれ以上の打力があると言われていて・・・

甲子園で2人のスラッガー対決を熱望する高校野球ファンもいます。

ブンと軽く振ったように見えるスイングは大きな弧を描きスタンドに飛んでいく。

まさに虹のアーチをかける男が安田選手です。

この人・・・もう二年生の頃から凄かった!去年の夏も見ていたんですけど、もう体格が高校生の体格じゃないです。清宮幸太郎選手はちょいポッチャリだけども安田選手はガチムチ系!!

ガンガンと飛ばしてくるだろうなぁと思いますねー!!

そして、4番・若林選手はパンチ力のあるバッター。安田選手の影に隠れがちですが、この人の打撃力も凄いんですよ!打球の力強さは安田選手にも匹敵するほどです。

そして・・・、履正社打線。

2016年、甲子園に出場した時は二年生が多いチームでした。

つまり2017年の今年はその二年生たちが三年生となり、去年甲子園に出場した時よりも強いチームと言えるでしょう。

もしかしたら、歴代最強の世代なのかもしれない今年の履正社は。

履正社の強力打線は本当にすごいです。

去年の夏の甲子園で茨城の常総学院と戦った時は打球が速くて速くて、驚きました。

こんな打線を相手にする投手って精神力の強さが尋常じゃないほど強くないと勝てねぇわ!って思いましたよ。そりゃあ・・・。

 

そんな2校の対決!一体、どうなる?どっちが勝つでしょうか・?

 そして・・・

このブログを書いている間に試合始まっていた!!

13時8分のプレーボールです!

先攻・大阪桐蔭!

後攻・履正社

 

大阪桐蔭の勝利でした!

 

この元記事は野球好きの読み物



 ホーム高校野球