iPhoneでスクリーンレコーディングができるようになったので『ストリートファイターIV』で試してみた!とあるザンギエフの戦いを見よ

スクリーンレコーディング

先日、待ちに待ったiOS11へのアップデートが可能になりました。これにより、iPhoneやiPadだけでアプリすら使わずにスクリーンレコーディング(画面録画 )ができるようになったわけです。アプリ情報に特化したブログを書いてる僕としては、かなり嬉しい機能です。てなわけで、本日はサクッこのスクリーンレコーディング機能をご紹介するとともに、いずれブログで紹介しようと思って放置していたスマホ版の『ストリートファイターIV』も合わせてご紹介しちゃおうと思います。

当ブログでは、『ストリートファイターIV』の他にも、たくさんの面白いゲームアプリをご紹介しています。この記事を読み終えたら、ぜひ下の記事ものぞいて見てくださいね!

スクリーンレコーディングの方法

iOS11にアップデートです

まずは簡単にスクリーンレコーディングの方法をご説明しておきます。当たり前ですが、iOS11にアプデしないと使えない機能ですので、スクリーンレコーディングを使いたい方は、iOS11にアプデしましょう。

  1. 設定
  2. 一般
  3. ソフトウェア・アップデート

の順に進むと…

こんなのが表示されているはずなので、『ダウンロードとインストール』からiOS11にアプデすることが可能です。

iOS11ダウンロード

スクリーンレコーディング(画面録画)を有効にする

次にスクリーンレコーディングを有効にしてみましょう。方法以下の通りです。

  1. 設定
  2. コントロールセンター
  3. コントロールセンターをカスタマイズ
  4. 画面収録(スクリーンレコーディング)を追加

スクリーンレコーディングで画面を録画する方法

iPhoneの画面の下の方から上に指をスライドさせるとコントロールセンターが開くので、的みたいなアイコンを探してみて下さい。それがスクリーンレコーディング機能です。ボタンをタップすると3秒後に画面の録画始まります。

ボタン

スクリーンレコーディングを『ストリートファイターIV』で試してみた

お待たせしました。それでは、スクリーンレコーディングの実力と、僕の『ストリートファイターIV』の実力をご覧ください(笑)

下の動画はiOS11のスクリーンレコーディング機能を使って撮影したものをYouTubeにアップした動画です。

ちなみに僕はザンギエフが大好きなので、キャラはザンギエフでオンラインユーザーとガチンコバトルを繰り広げてみました。果たしてバトルの結果はいかに!

とあるザンギエフの戦い

ボリショイ パビエーダ!

とあるザンギエフの戦い②

まさかのザンギエフ同士の夢の対決!赤いパンツが僕が操るザンギエフでございます…。

…。

(ノ`Д´)ノ彡┻━┻

とまぁ、こんな感じです。

MFiコントローラーがあれば、こんなはずではないのですが…。(← いいわけ)

アプリ版とは言え『ストリートファイターIV』は超本格派!

『ストリートファイターIV』はオンライン対戦以外にも、もちろんコンピュータと戦えるソロプレイも用意されています。

ソロプレイ

トレーニングモードも用意されているので、昔使いたかったあんなキャラや、こんなキャラで必殺技の練習もできちゃいます!

色々なキャラ

『えっ!スマホでコマンド入力とか無理やし…』と不安に思った方も大丈夫です。アプリ版の『ストリートファイターIV』はSPという超便利なボタンが用意されていて、タップすると簡単に技が繰り出せるようなシステムになっています。

トレーニングモード

本来ガイルのソニックブームは、

← (ため)

→ + パンチ

で繰り出すことが出来ますが、アプリ版の『ストリートファイターIV』ですと…

ソニックブーム

← (ためる)+ SP

で簡単に放つことができるわけです。これにより操作性が悪いスマホならではの弱点を補うことが出来るわけです。もちろん、設定から通常のコマンド入力に変更することも可能です。

設定から変更可能

さいごに

どうせやるならMFiコントローラーがあった方が楽しいと思います。『ストリートファイターIV』は、ド派手はアクションのわりに動きはスムーズなので、昔ストツーでブイブイ言わせてた方はアプリ版でも、ぜひプレイしてみて下さい。スクリーンレコーディングしながら、楽しむのも乙なもんですぞ!

『ストリートファイターIV』のダウンロード

ダウンロード

この元記事はwepli.2



 ホームiPhoneアプリ スマホゲーム