おしり探偵の本がおもしろい

以前いとこの子がよんでいたこともあって、知ってはいたんですが最近すきになったのか、子供がくいつきました。で、息子にもちらっと読んであげたら面白かったみたいで、たのしそうに見ていました。

 

なのでもらった図書カードもあったので、それで子供たちに一冊ずつ買ってあげました。私も読んでみましたが、まぁいつも読んでいるかいけつゾロリよりは全然字もすくなく読みやすいかな。

 

娘はかいけつゾロリが好きでなん冊も読んでいたので、このくらいの量ならすぐに読んでしまいます。それでもいろんなところに「~をさがせ」とかそういうゲームがあるので、それをやりながら何回も呼んでいました。

 

さくさく読めるので、またそれも嬉しそうでした。おしり探偵ってだけあって、もう顔がおしりって設定。で、犯人をみつけたりすると顔からブフォっておならをするんですよね。多分子供受けな感じがね笑

 

デオチも否めませんが、うんちドリルがはやったり、もう子供はそういうのが大好きですしね。まぁ楽しければいいのかな。本を読むにも難しい絵のない面白い本よりも、絵のある時の少ない伝わる本がまだ子供にはいいんでしょうね。

 

視覚からですね。理解しずらい、読解しずらいことも多々あるだろうしね。何はともあれ子供に本を読んでもらうってのは素敵なことですね。

この元記事は子育てママの曲がっても乗りこえてもつなげるひとこま



 ホーム子ども・子育て