お・・・おかしい。自分が2人いないと足りない計算になる

f:id:maxminkun:20171012042700p:plain

こんにちは。Milkです。
まぁ、ぼちぼちとやっております。

先日、「CEATEC 2017」に行ってきたんです。

www.milkmemo.com

そこまで、問題なし。

うん。問題なかった。

だけど・・・その後が・・・あれ・・・あるえ?!


報告を行う

色々と勉強になったので、情報共有の為に「CEATEC」の内容を書いて、自分なりの考察を付け加えてメールで簡易的に報告書的なものを作成しました。

宛先は、課長と「先端技術チーム」に。

「CEATEC 2017」はやっぱり刺激が多くあり、「俺は先端技術に触れて仕事をしたい!」という気持ちがむくむくと押さえ切れなくなったのです。

ですから、「自分も先端チームで働く意思がある!」と言う意味も込めて簡易的な報告書のメールを作成しました。

ちっ・・・無視かよ・・・

半日もかけて書いたメール。

結局その日は返信が誰からも来ませんでした。

(メール1通ぐらいくれてもいいじゃん・・・)

もう、帰る頃には完全にヤサグレ状態。

けっ・・・報告書に半日かけるの無駄だったなぁと思ったんですよね。

次の日

次の日の朝も返信なし。

(あー。こりゃ完全に無駄だったな・・・)

そう思ってました。

しかし、昼前に怒涛の展開を見せる。

一気に多方向から返信が来たのだ!


おかしい!人数が足りない!

どうやら、色々な人の思惑が・・・

課長の希望

メールで課長から返信が来ました。

課長「考察がしっかりと書いてあるから、メールで終わらせるのはもったいない! だから技術報告書にしよう。」

(え・・・えぇ?!)

技術報告書を定期的に書くことは、技術屋として宿命なんですけど、こんな薄っぺらい内容で大丈夫なのか?!

と言う訳で、本当はここに「CEATEC 2017」の内容を書こうと思ってたんですけど、あれよあれよという間に社外秘情報になってしまいました(;・∀・)
(楽しみにされていた方。申し訳ない!!)

そして、追加の注文が・・・

課長「後は、部の全体会議があるから、そこで技術共有ということでプレゼンをしてくれない?

あうあうあうあー (^q^)

なんか話が大きくなってきたあああああああああああ!!!

この部会は、まぁ部の人全員が参加するんですけど、そこで今回の薄っぺら報告書を元に話をしてくれと。

何、言ってるだー!!

そういうことじゃない! そういうことじゃないんだ!

私は「先端技術チーム」に移籍したいと言ってるだけなんだ!!

どうやら、「そうは問屋がおろさねぇ!」ということらしい・・・

因みに、課長からは「移籍話」は何もなしでした。


先端技術チーム

なんと、先端技術チームからも返信がありました。

私が、「先端技術を常に現場にフィードバックすべき」と主張したのですが、

主任「質問までしての追加情報があってGoodだよ! フィードバックの件は確かにその通りで、その役割は我々先端技術チームが担うべきことなんだけど、実情はお金がないんだよね!

(ほ・・・ほほう・・・)

主任「だから、現状は自分のPJを掛け持ちしつつ、隙間時間で技術勉強をしているのが実情かな!つまり、兼務。

(まてまてまて!技術報告書とプレゼン資料作り。そして、PJ兼務?!
無理でしょ!

一応は、

や・・・やってみたい気持ちはあります!

と返信しておきました。

実際に兼務になるかは、全く分かりません。

最後に

なんてこったい・・・あれこれ動くと仕事が増えるよ・・・

そして、「同じ時間内にこなせ!」と言う無理難題が・・・

こういうことになると、なかなか新しいことに手を出し辛くなるよね。

やっぱり、こういう構造も問題だと思うんだ。

せっかく、少しでも前進しようとしている人がいるのに、その人に対して負荷をどんどんかけていく。

こうやって、所謂「出来る人」みたいな扱いになって、仕事が膨れていくんだよね。

2足歩行してたのが、いつの間にか前足も使っての4足歩行になって、結果的に遅くなるという負のループ・・・

なんだか悩ましい。

はぁ・・・先ずは技術報告書を書きます(´;ω;`)

そんな毎日です。

それでは、今回はこの辺で。

adios!!


この元記事はMilkのメモ帳



 ホームビジネス 日記