いよいよ到来する大学の「2018年問題」とは – ベネッセ 教育情報サイト
大学入試シーズンの真っ最中ですが、大学関係者の間では「2018年問題」が大きな話題となっています。主な大学入学年齢である18歳の人口が、今年から再び減り始めるからです。それが大学経営のみならず、教育や入試にも大きな影響を及ぼすとしたら、志願者にとっても無視できません。大学をめぐって今、何が起こっているのでしょうか。 実質的な「全入時代」と定員割れの末に少子化の進行が止まりません。厚生労働省の推計で...全文読む

この元記事はBLOGOS - 最新記事


 ホーム未分類