なぜ女子フィギュアの「トリプルアクセル」はこれほどまでに難しいジャンプなのか?

浅田真央さんの代名詞であったフィギュアスケートの3回転半ジャンプ「トリプルアクセル」は、女子のフィギュアスケートでは今なお最も難度の高いジャンプとして知られ、過去に成功させたスケーターは数えるほどしかいません。そのトリプルアクセルを、韓国で開催されている平昌オリンピックで、アメリカ代表の長洲未来選手が公式戦で初めて成功させました。この快挙によって再びアメリカ国内でも注目が集まっているトリプルアクセルについて、どうしてそれほどまでに難しいのか、着氷できるスケーターが希有な存在なのかをVoxが解説しています。

続きを読む...

この元記事はGIGAZINE


 ホーム動画