再エネ目標が低いと自民党内からも批判 – 菅直人
安倍政権が再エネ目標を2030年で22~24%としているのは低すぎると自民党内からも批判が出ています。再エネ比率は福島原発事故前の2010年で水力を中心に9.8%であったのが6年後の2016年には太陽光などが伸びて15.3%で1.5倍になっています。しかし、安倍政権は今後2016年から2030年までの14年で再エネを22~24%にする、つまり1.5倍にしか伸ばさないという目標を決めています。 なぜ...全文読む

この元記事はBLOGOS - 最新記事


 ホーム未分類