介入必要なほどの円高ではない、日米経済は好調=麻生財務相 – ロイター
[東京 15日 ロイター] - 麻生太郎財務相は15日の衆議院予算委員会で、足元で1ドル=106円台に円高が進行していることについて、日米ともに経済ファンダメンタルズは良好であり、口先を含めて介入が必要なほどの円高でも円安でもない、と語った。また、次回の日米経済対話については、日本側から4月開催を提案したが米側が5、6月の開催を求めているとして、日程を調整中であることを明らかにした。海江田万里委員...全文読む

この元記事はBLOGOS - 最新記事


 ホーム未分類