ダチョウ倶楽部の美学 オチがわかりきっているのになぜ笑えるのか – 「週刊文春」編集部 – 文春オンライン
ビートたけし(71)の独立を巡る騒動が続いているが、たけしが育てた芸人を語る際、直属の「たけし軍団」を差し置いてしばしば真っ先に言及されるのがダチョウ倶楽部だ。「たけし軍団は1980年代初期からたけしの番組で体を張った芸で活躍。“リアクション芸”の先駆者的存在でしたが、次第に失速。代わって頭角を現したのがダチョウ倶楽部の3人でした。ブレイクのきっかけは89年に始まった『ビートたけしのお笑いウルトラ...全文読む

この元記事はBLOGOS - 最新記事


 ホーム未分類