対シリア攻撃 – 大串博志
米英仏によるシリアへの攻撃。アサド政権によって化学兵器が使用されていたとすると、これは明らかに世界全体への脅威であり、絶対に認められるものではありません。無辜の市民の、これ以上の被害は食い止めていかなければなりません。一方で、化学兵器を使用したということを証明する、そしてこれを外に向けて明らかに説明していくことも極めて重要です。このバランスが難しいところです。...全文読む

この元記事はBLOGOS - 最新記事


 ホーム未分類