『「火垂るの墓(高畑勲監督)」は”反戦映画”ではない。あの兄妹の生き方なら、いつの時代でも同じ結末』…との指摘に様々な感想 – Togetter
『「火垂るの墓(高畑勲監督)」は”反戦映画”ではない。あの兄妹の生き方なら、いつの時代でも同じ結末』…との指摘に様々な感想 - Togetter

『「火垂るの墓(高畑勲監督)」は”反戦映画”ではない。あの兄妹の生き方なら、いつの時代でも同じ結末』…との指摘に様々な感想 - Togetter

タイトルに引用した主張はやや剣呑ですが、きのう今日出てきた話題ではなく、逝去された高畑勲監督らを含め、似たようなことを語っていた人たちは結構いたのですね。だから「あらためて」の話題という面もありますが、高畑監督の追悼の意味も込めて。(込められるかなぁ) ツイートを使わせていただいたアカウントはこちら(追加は除く) @saharabingo @gryphonjapan @maomaoshitai @...

はてなブックマーク - 『「火垂るの墓(高畑勲監督)」は”反戦映画”ではない。あの兄妹の生き方なら、いつの時代でも同じ結末』…との指摘に様々な感想 - Togetter はてなブックマークに追加

この元記事ははてなブックマーク - 人気エントリー - テクノロジー


 ホームテクノロジー