しょうゆ流行前に使われていた江戸の万能調味料「煎り酒」とは?2種を食べ比べてみました

煮きった日本酒に梅酢と昆布だしを加えた「煎り酒」は江戸時代から万能調味料として使われてきました。だしのうまみがあり塩分はしょうゆのおよそ半分と減塩仕様で、刺身やたまごかけご飯、煮物など、さまざまな料理に生かすことが可能とのこと。一体どんな味なのだろう?ということで、実際に購入して使ってみました。

続きを読む...

この元記事はGIGAZINE


 ホーム試食