キユーピー、中国事業失速 「増収増益を維持」も懸念広がる 

マヨネーズなど調味料大手のキユーピーの株価が、2018年4月に入って下げがきつくなっている。4日には一時、2476円と前日終値比10%超も下落し、年初来安値を更新、その後も2500円を挟んで軟調な展開になっている。活路を開くと期待された中国事業の伸び悩みが明らかになったことが大きく影響している。

この元記事はJ-CASTニュース


 ホームニュース 経済