撃墜のイラン製無人機は武器を搭載、イスラエル軍が発表
イスラエル軍は15日までに、シリアを飛び立ってイスラエル領空を今年2月10日侵犯し、武装ヘリコプターに撃墜されたイラン製小型無人飛行機(ドローン)が武装化されていた事実を明らかにした。 このドローンの飛行経路の分析や機体動作や諜報(ちょうほう)に基づく機体残がいの調査で結論付けたとしている。 イスラエル軍は報告書で、爆発物を備えたドローンはイスラエル領内に攻撃を加えるのが目的だったとしている。 ...

この元記事は国際ニュース - CNN.co.jp


 ホーム未分類