攻撃のための探索通信も確認、Drupal脆弱性への注意喚起 – JPCERT/CC

JPCERT/CC(JPCERTコーディネーションセンター)は16日、オープンソースのCMS「Drupal」の脆弱性(CVE-2018-7600)に対する探索行為と思われる通信も確認しており、充分なテストを実施の上修正済みバージョンを適用するよう注意を促している。

この元記事はマイナビニュース


 ホーム未分類