春日野親方「トイレ」発言問題 責任の所在が曖昧だから発生 – NEWSポストセブン
「トイレ」の苦しい言い訳、裏に無責任体質「相撲協会が注目されているので言動を慎むように」──春巡業が始まるにあたって力士たちにそう訓示したのは春日野巡業部長(元関脇・栃乃和歌)だったが、言っていた本人の“言動”が大問題となってしまった。 京都府舞鶴市で行なわれた4月4日の巡業中、土俵上で挨拶をしていた多々見良三市長が突然倒れるアクシデントが起きた。その際、看護師の女性らが土俵に上がったのを見た場内...全文読む

この元記事はBLOGOS - 最新記事


 ホーム未分類