木更津市など、独自の決済システム「アクアコイン」導入を目指す

千葉県木更津市で、「アクアコイン」なる電子通貨の発行が計画されているようだ(産経新聞)。

アクアコインは木更津市などで利用できるもので、木更津市と君津信用組合、木更津商工会議によって計画が進められている。専用アプリ経由で利用し、利用者は店舗に設置されたQRコード読み込むことで決済を行える。今秋の本格稼働までには300店舗の参加を目指しているようだ。QRコードを利用することで、店側での初期投資が少ない点がメリットだという。

すべて読む | ITセクション | 日本 | IT | お金 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
米トランプ大統領、ベネズエラ政府が発行する仮想通貨の取引を禁止する大統領令を出す 2018年03月27日
Google、6月より仮想通貨に関連する広告の取り扱いを禁止 2018年03月16日
ハウステンボスが金本位制の仮想通貨テンボスコイン発行を計画 2017年11月16日

この元記事はスラド


 ホームmoney