盗まれたシャガール絵画、30年ぶりに発見・返還へ

約30年前に米ニューヨークで盗まれたマルク・シャガールの絵画がこのほど発見され、米連邦捜査局(FBI)によれば、絵画は元の持ち主の家族に返還されるという。 発見された絵画は1911年に描かれた「オセロとデズデモーナ」。1988年に盗まれていたが、先ごろ、米メリーランド州でFBIによって回収された。同州在住の男性(72)がFBIに絵画のある場所を伝えてきたという。 NYの住宅からはシャガールの...

この元記事は国際ニュース - CNN.co.jp


 ホーム未分類