芦谷淳写真展:NEW ENERGYSCAPES 
作者の過去からの作品に一貫したメインテーマは、モノクロームによる自然と人工物の接点、競合点、更には融合点の光景である。その一つの画面に閉じ込めた光景はコンポジションとなり、リズムやゆらぎを感じ、幾何学的抽象にも近いストレートなニュートポグラフィックスとなっている。モノクロ作品約40点で構成。

この元記事はデジカメ Watch


 ホーム未分類