3Dアバター向け汎用規格「VRM」発表。「人格の許諾情報」や一人称視点に対応 – Engadget 日本版
3Dアバター向け汎用規格「VRM」発表。「人格の許諾情報」や一人称視点に対応 - Engadget 日本版

VRChat や VTuber (バーチャルユーチューバー転じてVR配信者総称)界隈が恐ろしい勢いで進化し続け、「自分用のVRアバターを持つ」ことがSNSアカウントのアイコンを設定する程度のことに近づく気配すらある昨今ですが、アバター用のデータ形式はこれといった統一規格がなく、各アプリやサービスごとに汎用の3Dモデル形式を読み込んだのち、環境によって異なる機能や作法に応じて調整する必要があります。...

はてなブックマーク - 3Dアバター向け汎用規格「VRM」発表。「人格の許諾情報」や一人称視点に対応 - Engadget 日本版 はてなブックマークに追加

この元記事ははてなブックマーク - 人気エントリー - テクノロジー


 ホームテクノロジー