macOS、32ビットアプリの警告表示を開始、サポート終了に一歩近づく(Computerworldニュース)
 米Appleは、「Mac」のテクノロジーを32ビットから64ビットに移行する作業をしばらく前から進めていたが、これまでの取り組みはApple自身や開発者を対象としたもので、一般ユーザーには特に影響はなかった。だが、これからは違う。「macOS High Sierra 10.13.4」で、従来の32ビットアプリを使う時に、ユーザーに向けて警告メッセージが表示されるようになるからだ。

この元記事はITpro総合


 ホーム未分類