RPAを成功に導く、フェーズごとの「要検討」要素とは何か

2017年はRPAの導入を試すフェーズとなったが、本格利用に向けた方向性が見えてきた。EYが現時点で押さえていくべきポイントや今後の展開を解説した。

この元記事はZDNet Japan 最新情報 総合


 ホーム未分類