「トイレ休憩まともに取れない 」Amazon倉庫の過酷な労働の実態
ざっくり言うと
  • Amazonの倉庫で半年間働いた英ジャーナリストが、その実態を伝えている
  • 担当エリアから一番近いトイレまで、400mほど歩く必要があったという
  • 休憩の超過は解雇と教育されたため、トイレ用のボトルを携帯していたそう
記事を読む

この元記事はライブドアニュース - 主要トピックス


 ホーム未分類