「Everyone Can Create」が伝えるテクノロジーの教室での役割 – 松村太郎のApple深読み・先読み
Appleが過日開催した教育イベント「Let's take a field trip」で披露したのは、テクノロジーを自分の表現やアウトプットのために活用する「手段」として活用することを明確にする新しいカリキュラム、「Everyone Can Create」だった。プレス向けには実際の教室での実習やデモで、学習の中にクリエイティビティを取り入れるための体験を用意し、iPadとEveryone Can Createで教育や生徒の学習がどのように変わるのかを紹介した。

この元記事はマイナビニュース


 ホーム未分類