どう違うの? 山口県が「地産地消」ではなく、「地産・地消」に取り組む理由

地方の農業を考えるうえで、地産地消は合言葉のように用いられる。その地域で作ったものを、その地域で消費する......流通コストの削減はもちろん、地域の生産者と消費者の結びつきを強化する狙いがある取り組みだ。
それは、山口県でも同様なのだが…

続きは「Jタウンネット」へ

この元記事はJタウンネット


 ホームご当地コラム