アングル:メキシコとブラジル、大統領選控え市場乱高下も – ロイター
[ロンドン/ニューヨーク 10日 ロイター] - 中南米の経済大国メキシコとブラジルは、それぞれ7月と10月に大統領選が予定されている。メキシコでは改革否定が懸念される左派候補が優勢となっている一方、ブラジルは本命不在の混沌とした状況で、いずれも今後の展開次第で金融市場が乱高下する可能性がある。両国とも政界の汚職事件を受けて大量の有権者が既存の支持政党に見切りをつけ、大衆迎合的主張の候補になびいて...全文読む

この元記事はBLOGOS - 最新記事


 ホーム未分類