オランダの葬儀関連見本市に自殺装置が展示される、VRで体験も可能

オランダ・アムステルダムで開催された葬儀関連の見本市に、自殺(安楽死)を行うための装置が出品されたそうだ。また、この装置をVRで体験できるシステムも用意されていたという(AFP)。オランダでは一定の条件を満たした人物に対して安楽死が認められている。

この装置はオーストリアの安楽死推進活動家などによって開発されたもので、昨年に 発表されていたもの。密閉されたポット内に窒素を充填して酸素濃度を低下させることで安楽死させるというものだそうだ。

まだ設計段階だが年内に1号機を完成させる予定。3Dプリンタで製造できるということで、完成後は設計図をオープンソースで公開するようだ。

すべて読む | オープンソースセクション | オープンソース | ハードウェア | ニュース | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
ベルギーで未成年の安楽死が行われる 2016年09月21日
ホーキング博士、1985年には安楽死の危機があった 2013年08月01日
英デザイナー、「安楽死ジェットコースター」を設計 2011年09月26日

この元記事はスラド


 ホームNEWS