中国の1~3月GDP、前年同期比6.8%の伸び

中国政府が17日に発表した今年1~3月の国内総生産(GDP)は前年同期比6.8%増と堅調だった。 中国と米国の間では年明けから関税措置の応酬が続き、貿易戦争の懸念が強まっているが、今のところ実際の経済活動には影響が出ていないようだ。 GDP成長率は昨年半ば以降、6.8%を維持している。ただし昨年は通年で6.9%の伸びを示していた。 今年は米国との摩擦に加え、政府が金融リスクの抑制策や工場閉鎖を...

この元記事は国際ニュース - CNN.co.jp


 ホーム未分類