人工知能で電子顕微鏡の映像からリアルタイムでガンを検出する技術をGoogleが開発

患者の体がガンに冒されているのかどうかを診断する病理医は、患者から採取した体組織を電子顕微鏡でじっくりと観察し、ガン組織が存在するのかどうかを判定します。この作業には電子顕微鏡で見えるガンのパターンを熟知し、効率的に点検していく熟練の技術が必要ですが、Googleは人工知能にディープラーニングでガンのパターンを学習させ、リアルタイムでガン組織と思われる箇所を検出する技術を開発しました。

続きを読む...

この元記事はGIGAZINE


 ホームソフトウェア, サイエンス,