人麿影供900年 歌仙と古筆

宮廷文化の雅を象徴する和歌の世界。万葉の御代に起こり、平安期には貴族たちがさまざまな想いを託して数多くの秀歌を詠じました。「歌仙」と呼ばれた名手たちは、のちに絵姿で描かれ「歌仙絵」が誕生しました。その画中には彼らの秀歌も施されて、和歌の情…

続きは「Jタウンネット」へ

この元記事はJタウンネット


 ホームミュージアム情報