夜型人間は死亡リスクが高い、無理して朝型の生活をすることによる負担が原因?

夜型人間が無理をして朝型の生活をすると死亡リスクが上がるという研究結果が発表された(AFPギズモード・ジャパンCNN)。

この調査は英国内の成人約50万人を対象に平均6.5年間追跡を行ったもので、生活サイクルが「夜型」と答えた人は「朝型」と答えた人と比べて死亡リスクが10%高いというデータが得られたという。

死亡リスクが上昇する原因は明らかになっていないが、夜型人間が朝型の生活をしようとすることで体内時計と外界の不一致が起こり問題が発生する可能性があると指摘されている。また、食事をちゃんと取らない、アルコールやドラッグなどを使用すると言った傾向があることや、夜更かしによる疲労なども健康問題の原因となっている可能性があるようだ。

すべて読む | サイエンスセクション | サイエンス | | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
朝型の人と夜型の人、違いの原因は遺伝子? 2016年02月09日
「朝型人間」は夜になるとより不誠実になる、という研究結果 2014年08月01日
1週間のキャンプ生活で体内時計をリセット 2013年08月04日

この元記事はスラド


 ホームmoon